トランペット時々パチンコ

「勝つのは100人に1人だ」と人は言う。その通りかもしれない。
だが、そんなことが私の知ったことだろうか。

8月終盤の稼働とあと2日

知るだけでは足りない。応用せよ。
決意だけでは足りない。実行せよ。
それが中々できない…
でおなじみ、天野です。


21日時点で約14万のマイナスだった。


このところ連続でプラス収支を出しているので何とか大怪我をせずにすんでいるが、週末の数字を見ると投資額が大きく褒められた内容ではない。


25日
真・花の慶次 赤保留外し当たりゼロ
ジョーズ 赤保留2回外し(笑)当たりゼロ
北斗無双 閉店1時間前に当たり10連残念ながらST残し閉店


投資 33,500
回収 60,500


26日
北斗無双 34,000使って当たりゼロ
真・花の慶次 9,500で16連 5連 22,000発


投資 43,500
回収 79,500


という内容だった。



昨日の27日は、欲が出てしまっての負けだ。


真・花の慶次 丁度10,000で7連、約7,000発出す。
台の調子から観て、普段ならここでやめるか動くかするが、「あともう少しで月間±0以上になる」という身勝手な欲が出てしまい打ち続ける。


結果は単発こそ当たるのものの、やはり全飲まれである。




結果論ではあるが、即ヤメでプラス14,000と無くなってマイナス12,000では大きな開きがある。


運と時間の使い方としては、当たらずにマイナス12,000の方がマシだ。


何のために経験値を積んでるのか…


最後の単発の出玉約1,000発弱を、隣で頑張って打ってるオバちゃんに差し上げて帰宅した。


オバちゃんいい笑顔だった(笑)


施しこそ開運の秘訣だ。



今月は仕事の都合で今日と明日の2日間しか打てない。


プラスに転じられるか、マイナスの上積みになるのか。


それは自分次第。


こういう勝負事の展開、俺は好きでたまらない。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。