トランペット時々パチンコ

「勝つのは100人に1人だ」と人は言う。その通りかもしれない。
だが、そんなことが私の知ったことだろうか。

50代からの筋トレのススメ2

思い出したことがあります。


前回「身長176cmですが、55キロしかありませんでしたので」と書きましたが、こんなこともありました。



44・45歳くらいだったから今から10年ほど前のことです。



朝起きたら、足がフラフラして目眩がして、天井もグルグル回ってます。
身体全体が重苦しく、半端ない脱力感。



これは尋常じゃないなと思い、めったに行かない病院へ。
深刻な病気かもなあ…と思いつつ、検査の結果はなんと!









栄養失調…






すぐさま点滴を打たれ、事なきを得ました(笑)


会社の社長に報告したら、「勘弁してよ~!社員が栄養失調になったなんて人さまに言えないよ!」とのこと。



40で離婚してから、身体のことなんて二の次で、とにかく飲んだくれて、その日その日が寂しくならずに寝られればいい、という生活でしたからね(笑)


その栄養失調になったときの体重は48kgでした。


何も言わず見守っててくれた社長には感謝ですね。


そんなことがあっても尚、あまり食には関心なく過ごし、そこから5年後に筋トレを始めるわけです。



50歳になって初めてスポーツジムに行きました。


初日は散々です。


インストラクターについて、一通りマシーンでトレーニング。
トレーニングって言ったって、女性がやるような重さです(笑)



終わってからプールでひと泳ぎ。



そこでもビックリ!



プールサイドから上がろうと思ったんですが、腕に力が入らず登れないんです…。


わたくしの筋肉は、さっき行ったマシーンのトレーニングで限界になってしまったんです。


仕方なく梯子まで行き、やっとの思いでプールから上がりました。


わたくしの身体は、こんなにまで衰えてしまっていたんですね。


正直かなりショックでした。


翌日は激的な筋肉痛(>_<)


そんなこんなで始まったわたくしのジム通い。



3ヶ月を過ぎたころから、このわたくしにある変化が訪れたのです。




つづく。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。