トランペット時々パチンコ

「勝つのは100人に1人だ」と人は言う。その通りかもしれない。
だが、そんなことが私の知ったことだろうか。

稼働休んでトランペット

今日は日曜日。
副業のバイト。


朝の電車に乗って座席に座ったのだが、俺の斜め前に妊婦さんが立った。
年のころはそうだなあ…20代中頃くらいだろうと思う。


どうしようかなあ、と迷ったが、妊婦さんの真ん前に座ってる若い女は無頓着なタイプのようだし、その他の人も疲れてるのかなあ、自分のことで精いっぱいの様子で。


俺は「あ、どうそ座ってください。」と、席を譲った。
俺はどうしようもなく、知らん顔ができない性分なのだ。
そう、どうしても気付いてしまうのだ。


本当なら、鈍感にないたい!


このどうしようもない性分のおかげで、嫌な思いも一杯してきたし、逆に楽しいことも一杯あった。


まあ、俺は損得で生きてるんじゃなく、本能で生きる人間なのだ。
仕方がないよ。


考えてみれば、席を譲るという行為は、単なるエゴなのかも知れない。
エゴを押し付けてるに過ぎないのかも知れない。


だけど、そんなことを考えてると何も始まらない。



彼女はニッコリ微笑んで、「ありがとうございます。」



よかった。



こんな時、断られるのが一番辛い(笑)



素直な人で良かった。



人間、素直が一番かわいい。



彼女が電車を降りるとき、頭をペコリとさげて、「どうもありがとうごいざいました。」とニッコリ微笑んで降りる。


「無事に元気な子を生んで立派に育てておくれよ。」と心の中で見送った。



こんなちっぽけな事でも、今日一日何だか頑張れそうな気がするのが不思議だ。


人間嫌いなのにね(笑)



さて、パチンカスとしては暇さえあれば打つのが掟だ(笑)


だが、今日はなんだかパチンコを打つ気にならなかった。


そこで、近くのスタジオを借りてトランペットの練習に行った。


ん~、まだまだである。


高い音を続けてると疲れて長い間もたない。


もうちょっとスタミナをつけなくちゃ。


今練習してるのは、ゴッドファーザーPART2。


ニーノ・ロータの旋律がとても心地いい。


続けて吹けるように頑張ります!



明日は、久しぶりに休みをとった。


久しぶりに目覚ましを掛けずに、自然に起きるまで寝よう。


起きたら、やっぱりパチンコかな(笑)



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。