トランペット時々パチンコ

「勝つのは100人に1人だ」と人は言う。その通りかもしれない。
だが、そんなことが私の知ったことだろうか。

8/19稼働と、パチンコは勝てるが暇に負ける

先日ブログで、飽きてきたから稼働は暫く休むと言ったが、
どっこい、そうは行かない。



その後もチャッカリ毎日稼働していた。




なぜなら、パチンコが俺を呼ぶからだ!




ただの依存症である…。




というわけで、昨日も相変わらず北斗無双。



目星を付けた2台を5,000円くらいづつ交互に打つことにする。



そのうち演出が賑やかな方に集中する。



そして18,000円投資目で、あとx秒だ×3出現の途中神拳ゾーンから北斗琉拳で当たり。


しかも7テン!

まるでモデルケースのような王道の当たりで14連!



久々の連チャンである。

9/19
投資 18,000円
回収 74,000円
+  56,000円



9月ここまでの経緯


さて、そもそもパチンコは勝てるギャンブルなのか。



決して自分が勝ってるからと言って言うのではない。
答えは勝てるギャンブルである。(と思う…)



例えば18日、30,000円の負けを記録しているのであるが、この日は副業の帰り。
投資2,500円で当たり4連で約6,000発。



ここでヤメていれば18,000円の+である。



しかし更なる当たりを望み、打ち続けるのだ。



本来はせっかくの+収支を無くしてまで打つ根拠がなければやめるべき。



なぜ根拠もないのに打つのか。
それは欲と時間があるからである。
要するに暇なのだ。



時には+収支になる瞬間もないほど当たらないこともあるが、そうではない限りヤメどきを間違えなければ、TOTALプラスに持っていくことは十分可能である。



18日の稼働については、自分自身肝に銘じた。



+18,000円から-30,000円という結果を出すようじゃ、ギャンブラー失格!!



だと。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。