トランペット時々パチンコ

「勝つのは100人に1人だ」と人は言う。その通りかもしれない。
だが、そんなことが私の知ったことだろうか。

本当の愛とは


上州無線さんの記事を読んでいて、ふと「愛とは」について考えてみた。



僕が思うに、本当の愛とは、まさしく無償の愛のことだ。


軽々しく「愛してる」という言葉が飛び交う関係、そこに愛は存在しない。
あるのはただただ性欲を満たす関係があるだけだ。


なぜなら、その相手に対して自己犠牲を払う意志など全くないからだ。


多くの場合、「好きかもね」という感情を愛と勘違い、錯覚しているだけである。
愛という名の錯覚。



容疑者Xの献身 (文春文庫)
容疑者Xの献身 (文春文庫)
文藝春秋

本当の愛、それはこの本にある。


愛と誠1~最新巻(文庫版)(講談社漫画文庫) [マーケットプレイス コミックセット]
愛と誠1~最新巻(文庫版)(講談社漫画文庫) [マーケットプレイス コミックセット]
講談社

見返りを求めず、ただひたすらに相手を思う。


極端に言えば、その人のためになら死ねる。


それが本当の愛というものではないだろうか。


そういう愛を経験したら、死ぬまで忘れないだろう。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。